シュピーレンの会について

音楽に親しむ素地の育成を目的に、乳幼児や子供たちに、対話も交えながら楽器や声楽等の上質な生演奏に触れる機会を提供しています。1995年に5名の仲間で結成。大田区教育委員会から社会教育関係団体として認定を受けています。


シュピーレンの会の特徴

・年齢を問わずだれでも気軽に参加できるコンサートを開催

・音楽鑑賞にとどまらず、曲目の解説や、様々な楽器の歴史、音の出し方なども交えながら進行すること

・絵本と音楽のコラボレーションを行っていること

・参加者と共に歌ったり、リトミック等身体を動かしたりすること

音楽絵本の様子

 スクリーンに絵本を写し、朗読と音楽を一緒に

 楽しむことで、絵本の世界をより感情豊かに感じ

 ることができます。

シュピーレンの会ではこんなことをしています

私たちの活動は既に20年以上の実績を持ちますが、子供たちの音楽の享受能力を伸ばし、芸術に対する感性を高め、共感性を育む効果があると認識しています。この活動を今後も継続していくことで、子供たちの将来がより豊かなものとなること、また子育て中の親にとっても上質な音楽に触れることによる癒しの効果と、子供とのコミュニケーションの一助となることを期待しています。さらに、普段コンサートに出かけられない方々にも生演奏を楽しんでいただくことによって、豊かな日常を提供したいと考えています。


・毎年開催している『123コンサート』ではクラシックをはじめ、各国の童謡、ポピュラーソング等聴きなじみのある曲から名曲まで、いろいろな楽器で音楽を提供します。


・絵本の読み聞かせに音楽と映像を重ね合わせて、参加者の想像力をより深められるような試みを行い、音楽の可能性や感動を伝えています。


・幼稚園、保育園、子育て支援施設、高齢者施設等においても、本活動の趣旨と同様の出張コンサートを積極的に行っています。(アウトリーチコンサート)

お知らせ

シュピーレンの会では条件が合えば、幼稚園、保育園、子育て支援施設、病院、福祉施設などでコンサートを希望される施設に出張もいたします。詳細は「演奏依頼」のページをご覧の上、メールでお問い合わせください。